「これからの健康経営を考える!」まとめ

スキ1フェアワーク 代表 吉田健一(参議院と国交省の元産業医)2020年9月28日 09:26

全20回シリーズでお伝えしています「教えて吉田先生!これからの健康経営を考える」。前回は「パルスサーベイ」でした。今回は「まとめ」をお送りします。

インタビューは2020年4月6日に都内にて行われました。

画像2を拡大表示

今までのまとめ

―――全20回として今回が第19回ですので、そろそろ纏めに入っていきたいと思います。「これからの健康経営を考える」と題したインタビューシリーズでしたが、掲載期間中にも様々な動きがありましたね。

はい、まずは短期集中掲載のつもりが半年近くの時間を要しましたこと、お詫び申し上げます。今回の掲載タイトルから振り返ってみると

  1. なぜ今、健康経営か?
  2. 良い労働環境とは何ですか?
  3. 産業医って何をするの?
  4. メンタル不調って何ですか?
  5. ストレスチェックって何?
  6. アブセンティーズムとプレゼンティーズム
  7. ンゲージメントって何?
  8. 幸福度とは?
  9.  健康投資はもうかるの?
  10. 厚生労働省の取組みについて教えてください
  11. 経済産業省の取組みについて教えてください
  12. 健康経営の企業側の事例について教えてください
  13. 健康経営における女性への取組みについて教えてください
  14. 健康経営の民間サービスの紹介(1)保険など
  15. 健康経営の民間サービスの紹介(2)SaaSサービスなど
  16. エビデンスに基づく健康施策とは?
  17. 新しいテクノロジー
  18. パルスサーベイ

と、おかげさまで健康経営をめぐる歴史的な流れから、産業保健と産業医の成り立ち、これから健康と幸福な社会参加とそれを支援するサービスなどについて網羅的な話ができたと感じています。

2020年4月から9月の間の健康経営をめぐる大きなトピックですが、6月には経済産業省から「健康投資管理会計ガイドライン」が公表され、そのエッセンスは8月から開始された健康経営優良法人2021認定の申請項目にも反映されたように見受けられました。

また新型コロナウイルスの影響で人びとの働き方やメンタルヘルスに大きな変化があったと認識しています。

このあたりに関しては今後、セミナーやこちらのコラムで引き続き発進して参りますのでよろしくお願い申し上げます。

画像3を拡大表示

(聞き手:株式会社スーツ 代表取締役 小松 裕介)

以上、「教えて吉田先生!これからの健康経営を考える!19. まとめ」いかがだったでしょうか?弊社では健康経営や企業のウェルビーイング支援にご興味のある方とぜひ一緒に勉強していきたく、各種のオンラインセミナーを企画、運営しています。皆様とも、ぜひセミナーにてお目にかかれることを楽しみにしています。