プレゼンティーズム見える化×健康経営のパルスサーベイ(フェアワークパルス)

健康経営とHRテックのためのプレゼンティーズム可視化パルスサーベイ「FairWork pulse」の株式会社フェアワーク。健康投資管理会計ガイドライン素案に基づき「東大1項目版」を採用しています。

すべての働く人に、力をロゴ

パルスサーベイとは

従業員サーベイのうち、小規模で高頻度な調査を「パルスサーベイ」と呼びます。週1回や月1回といった高頻度で調査を実施し、社員や担当者への負担が少なくて済むよう、設問数も5~10問程度に抑えられていることが一般的で、従業員の意識や心身の状態と業務アウトプットとの関連を、リアルタイムに近い状態で定点観測できるので、近年多くの企業に注目されています。

 

パルスサーベイは、ITの進化にともない人材の流動性が高い欧米を中心に発展してきました。人事担当者の負担を抑えながら実施することが可能である点が利点ですが、重要なのは調査そのものではなく、その結果を受けて組織がきちんと変化できるか、です。自社が目指す方向性をきちんと社内に周知した上で、個々のパフォーマンスを最大化させる。その姿勢が、従業員のエンゲージメントをさらに高めていくことでしょう。

フェアワークパルスの特長

  • 経済産業省推奨の指標「東大1項目版」を用いたプレゼンティーズム数値化!
  • 最大1億円の労働災害総合保険(使用者賠償責任条項)が自動付帯!
  • 超早期のアラート把握で離職率を大幅低減!

他にも人事担当者様サポート機能が盛りだくさん!

  • 個人結果のPDF出力や全結果CSVの一括出力が可能で、経営層への報告がラクラク!
  • 不調社員様は弊社臨床心理士とのチャットカウンセリング(別料金)にお任せ!
  • 追加質問の設定や、受検案内メールのタイトル変更など、柔軟に対応!
  • フリーコメントの仕分け・アラート分類 お任せください!
  • ダッシュボードから各部署の月次スコアとアラート社員を直感的に把握できます!
  • アラートケースへの対応履歴が保存可能です!

5問の選択式アンケートとフリーコメントの質問を毎月指定の日時に従業員へ配信します。
社内の人事対応と弊社のメンタルサポートにより、突然の休職や離職を防ぐだけでなく、エンゲージメントを強化し、かつ他社システムとのAPI連携を推進することで、従業員の「幸せ」最大化による生産性向上を支援します。

プレゼンティーズムとアブセンティーズム

プレゼンティーズムグラフ就業者の健康関連総コスト932×622

プレゼンティーズム(Presenteeism)とは、何らかの不調のせいで頭や体が思うように働かず、本来発揮されるべきパフォーマンス(職務遂行能力)が低下している状態のことを言います。

このプレゼンティーズムは欠勤(Absenteeism)よりはるかに企業に損失を与えている、と諸外国はじめ東京大学などの研究でも報告され、従業員一人あたり30万円程度とも言われています。

このプレゼンティーズムによる損失を防ぐには、「健康経営」を1歩進めた従業員への戦略的な健康支援策、つまり「健康に投資する(ウェルネス投資®)」という発想が必要です。経済産業省からは「健康投資管理会計ガイドライン素案」が公表されています。

健康投資(ウェルネス投資®)としての従業員幸福の支援

analytics-2697949_1920

近年、幸福度の高い従業員は創造性や生産性が高い、とのエビデンスが蓄積されてきていることから、企業がいかに従業員の幸福度向上支援に取り組むか、が経営課題になりつつあります。FairWork pulseでは「仕事を通じた幸福度」を質問項目に含め、国連や内閣府の幸福度調査同様に0-10の数値で表すことで、社内制度の改善やより良い人事施策にご活用いただき、幸福度の高い従業員を増やして企業の生産性向上に寄与することを目指しています。

ESGの観点から見たウェルネス投資

piggy-bank-850607_1920

国連のイニシアチブにより、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)を重視するESG投資が急速に広がっています。
健康経営やウェルネス投資は、従業員の健康や活力を向上させる中長期的な取り組みであり、ESGにおける”S”や”G”に位置づけられています。
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の本格参入で「ESG投資元年」といわれた2017年以降、ESGは市場関係者や投資家が常に意識すべきテーマと言えるでしょう。

時代は、従業員満足度から社員コンディションの改善支援やエンゲージメント測定
そして、ウェルネス投資を通じた従業員幸福度の向上による生産性改善へ。

プレゼンティーズムと「健康投資管理会計ガイドライン」

健康投資管理会計ガイドライン20200612

経済産業省「健康投資の見える化」検討委員会 健康投資管理会計ガイドライン素案 において、各企業が実施すべき健康投資のアウトカム評価指標として、アブセンティーズムとプレゼンティーズムが挙げられています。病欠日数などから把握が容易なアブセンティーズムと異なり、体調と業務アウトプットの関連を従業員本人に意識させる必要があるプレゼンティーズムは見える化が難しく、世界各地で数値化が試みられています。FairWork pulseでは、質問に「東大1項目版」を導入することで、回答の平易さと統計的な正しさの両立を図りました。上記ガイドラインの本格導入後は、各企業は「環境会計」などと同様に「健康投資管理会計」に取り組み、それを外部に開示することで投資家等利害関係者との対話を求められることになります。FairWork pulseでは、他のパルスサーベイでは実現できていない、スコアの見える化が可能となります。

料金表

最先端のウェルネス投資®を、手頃な価格でご提供しております。
「進化を続ける健康経営支援システム」×「専門家によるオペレーション」
(「ウェルネス投資®」は株式会社フェアワーク・ソリューションズの登録商標です)

初期費用・登録料無料!
3ヶ月無料キャンペーン実施中!
 
~25名 19,800円 ~50名 39,400円
~100名 72,800円 ~200名 124,800円
~300名 169,800円 ~500名 247,800円
~700名 311,800円 ~1000名 398,800円
  • 個別見積や、従業員1001名以上の場合は、お気軽にお問い合わせください。
  • 料金は税別価格です。
  • 健康経営®は特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です
  • ウェルネス投資®は株式会社フェアワーク・ソリューションズの登録商標です

株式会社フェアワーク

株式会社 フェアワーク
〒104-0052 東京都中央区月島1-13-6 ウェルネス月島4階
9:00~17:00(土曜・日曜・祝日定休)