プレゼンティーズム見える化×健康経営のパルスサーベイ(フェアワークパルス)

健康経営とHRテックのためのプレゼンティーズム可視化パルスサーベイ「FairWork pulse」の株式会社フェアワーク。健康投資管理会計ガイドライン素案に基づき「東大1項目版」を採用しています。

「HR × ウェルネス」を考えナイト!vol.1のお知らせ

ダウンロード

企業の健康投資としてのプレゼンティーズム対策を考える

この度、プレゼンティーズム可視化のパルスサーベイ「FairWork pulse」を運営する株式会社フェアワーク(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:吉田 健一)は、2019年11月12日(火)19時00時から、TKP東京駅セントラルカンファレンスセンターのルーム12D(住所:東京都中央区八重洲1-8-6新槇町ビル)で、『「HR × ウェルネス」を考えナイト! vol.1 ~企業の健康投資としてのプレゼンティーズム対策を考える~』を開催いたします。

プレゼンティーズムとは、心身不調のまま働く労働者の業務遂行能力低下による労働損失のことです。日本全体で年間19.3兆円の損失とも言われており、労働者一人当たりの平均損失額では年間数十万円にのぼります。

本イベントでは、『「HR×ウェルネス」を考えナイト! vol.1』と題して、企業の健康投資としてのプレゼンティーズム対策を考えます。今後『「HR×ウェルネス」を考えナイト!』は四半期に1度程度の開催を予定しており、プレゼンティーズムの概念の普及・啓蒙とともに、どうすれば健康経営が実現できるかを有識者や実務家らと議論してまいります。

本イベントの特別講演では、厚生労働省健康局健康課課長補佐の藤岡 雅美氏に「働き方改革第二章と健康の新たな価値」についてお話いただきます。また、パネル・ディスカッションでは、パネラーに前述の藤岡氏に加え、リーズンホワイ株式会社マネージャーの柳澤 史乃氏及び株式会社CDG人事部の北澤 絵里氏にご登壇いただき、「社員と組織のウェルネスを起点としたプレゼンティーズム対策とは」をテーマにディスカッションいただきます。

当社では今後も「全ての人々が健康かつ幸福に社会参加する世界を創る」ことを経営理念に、プレゼンティーズムなど健康経営に関わるイベントやキャンペーンなどを展開してまいります。

プレスリリースはこちら

2019年11月01日 00:00

株式会社フェアワーク

株式会社 フェアワーク
〒104-0052 東京都中央区月島1-13-6 ウェルネス月島4階
9:00~17:00(土曜・日曜・祝日定休)