【燃え尽き症候群(バーンアウト)とは?仕事で燃え尽き症候群になりやすい人を要チェック!】

燃え尽き症候群とは

「うちの社員はやりがいを持ってバリバリ働いているから大丈夫だよ!!」

従業員のメンタルヘルスについて、管理職の方からこのようなお話をいただくことがあります。

確かに自分の仕事にやりがいを持っていれば仕事において高いストレスがかかる可能性は低いかもしれません。

しかし、このようにやりがいを持ってバリバリ働いている方へのメンタルケアは本当に不要なのでしょうか?

本日は仕事に意欲的な人が陥ってしまう燃え尽き症候群(バーンアウト)についてお伝えします。

燃え尽き症候群の兆候をチェックして、優秀な社員の退職離職防止へと活用していただければ幸いです。

目次

【燃え尽き症候群(バーンアウト)とは】

燃え尽き症候群とは

燃え尽き症候群(バーンアウト)は、それまで意欲を持ってひとつのことに没頭していた人が、あたかも燃え尽きたかのように意欲をなくし、社会的に適応できなくなってしまう状態のことをいいます。

過度のストレスにより発症するとされており、朝起きられない・職場に行きたくない・手抜きをしてしまう・作業効率や能力がおちてしまう・イライラが募るなどの症状がみられ、仕事に集中できなくなったり対人関係を避けたりするようになります。

人生に対して悲観的になることから、職場や家庭生活の崩壊や最悪の場合には自殺過労死に至ることもあります。

・燃え尽き症候群(バーンアウトシンドローム)の研究

燃え尽き症候群(バーンアウト)は1970年代に精神心理学者のハーバート・フロイデンバーガーが提唱しました。

フロイデンバーガーが勤務していた保健施設では精神的、身体的異常を訴える同僚が数多くいました。

その同僚たちは、 1年近くをかけ徐々にあたかもエネルギーが失われていくかのように仕事に対する意欲や関心を失っていきました。

フロイデンバーガーは, 同僚が陥った状態を表現するのにドラッグ常用者がおちいる無感動・無気力状態を意味するバーンアウトシンドロームという言葉を用いました。

元々、燃え尽き症候群(バーンアウト)は医療福祉・教師などの対人サービス業に従事する人に発症されやすいとされていました。

しかし、現在は対人サービスに関わらず様々な職種で発生するとされています。

例えば、スポーツの分野でもオーバートレーニング症候群などの慢性疲労状態と密接な関係があると考えられています。

【燃え尽き症候群(バーンアウト)の原因と兆候】

燃え尽き症候群の原因

燃え尽き症候群(バーンアウト)は単なる高ストレスにさらされ続けることだけが原因ではありません。

燃え尽き症候群特有のプロセスとして、自分の頑張りが報われないという経験が積み重なった結果、何かのきっかけで閾値を超え燃え尽きてしまうことがあります。

皆様の中でも「自分はこれだけ頑張っているのに、これだけ尽くしているのに、なぜお客様や上司はわかってくれないのか、なぜ成果が上がらないのだという思いを抱いたことがある方がいらっしゃるのではないでしょうか。

このような思いがある方が何らかの引き金によって燃え尽きてしまって、突然休職したり、重い場合には離職・退職したり、うつ病になってしまったりするのです。

このように聞くと皆様の職場でも十分に起こりうると想像できるのではないでしょうか?

例えば以下のような症状は燃え尽き症候群(バーンアウト)の兆候と言われています。

チェックして当てはまる方は、一度自身のコンデョションを振り返ってみてはいかがでしょうか。

  • なんとなく気持ちがふさぐ
  • いつものようなやる気が起きない
  • 仕事中に思考が停止する
  • 頭痛がする
  • めまいがする
  • うつ状態
  • 自律神経の乱れ

【燃え尽き症候群(バーンアウト)の対策】

燃え尽き症候群の対策

こうした燃え尽き症候群を防ぐには、「ストレス対策」が重要です。もちろん職場のストレッサーを取り除いていくことも大切ですが、仕事以外にストレスを軽減する方法があると良いでしょう。

例えば家族との時間をとったり、運動するなど趣味の時間をもったりすることでストレスを緩和することができます。

次に、組織の人事部や上司が従業員のコンディションを把握しストレス状況バーンアウト兆候を早期にキャッチすることです。

従業員サーベイなどを用いてコンデョション把握フォローをすることで症状の悪化を防ぐだけでなく、モヤモヤとしてパフォーマンスが低下したまま働き続けることを防ぐこともできます。

そしてチーム内で成果を褒めあう文化を作ることや活発に感謝の想いを伝えることも大切です。

よく見受けられパターンとして意欲的に取り組み成果を出している方がいたとして、周囲は段々と成果を出すことが当たり前と認識するようになり褒めたり感謝したりすることが減ってしまうことがあります。

こうなると努力を重ねても周囲に評価されず「自分はこんなに頑張っているのに!」という気持ちを抱いてしまう可能性があります。

このようなことから、意欲的な方でも突然燃え尽き症候群となってしまう可能性があります。

【まとめ】

燃え尽き症候群(バーンアウト)はあらゆる業種・職種の方で起こりうる問題です。

また、ストレス耐性が高い方でも積み重ねで発症してしまう可能性があります。

私の会社は大丈夫と考えずに一度職場環境を見直してみることも大事かと思います。

まずは的確に従業員のコンディションを把握することが、従業員の燃え尽き症候群を防ぐ第一歩となります。

優秀な社員の離職防止のためにも社内での取り組みをご検討されてみてはいかがでしょうか?

FairWork surveyでは、産業医公認心理師などの専門家がエンゲージメントプレゼンティーズム心理的安全性をはじめとする従業員のコンディションを可視化し、従業員の離職防止や健康経営の促進を支援いたします。

ストレスチェック産業医契約メンタルヘルスセミナーなど、まずはお気軽にご相談ください。

社員の健康リスクを
すっきり解消!
専門性に基づく

ソリューションを実現する

メンタル休職者の発生に伴う
多大な人事コストの削減、
ストレスチェックや”問題社員”対応まで、
実績を持つ専門職チームにお任せください

この記事をシェアする!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる